« 東京落語会 | トップページ | 東京落語会のあと・・ »

2013年2月16日 (土)

「深川三流亭」前日・・・

eventいよいよ明日が本番・・。

何かこう・・、自分が出る時よりも緊張している気がします。
今回初高座の、百梅さんと千公さんは、着物が着られるかなぁ・・とか。
実は、これが一番の心配なんです。
とにかく頑張って欲しいなぁ。
昨日は、落語っ子連のMLに、気づいたことをコメントしておきました。
【めくり】
めくりをお願いしている「Hさん」からの宅配便で、届く予定。
めくりは、落語会終了後に、各自に持ち帰ってもらう。
(次回はまた書いてくださるそうですから。)
【会の進行】
冒頭でメンバー代表と師匠から一言お願い。
もともと私やるつもりでしたが、窓口さん代ってお願いしたいと思います。
窓口さんは、落語っ子連ではまど音さんと私の次の古参でいらっしゃるのと、恐らく ご来場の方の多くは、窓口さんのご贔屓だと思いますので。
【寄席の踊り】
ご出演いただく、ワッフルさんと鶴女さんは、ご快諾くださり、時間は正味5分程度だということでした。
ワッフルさんには、昨日改めて確認の電話を入れておきました。
とにかく楽しく踊って欲しいと思います。

【会場設営】
事前の最大の作業です。
我々初めての会場ですから、ご覧のような昨年の「紅巣亭」の高座およぴ客席の写真を見て、参考にして設営したら良いと思います。
ただし、席数は、この時よりも少し多めに必要だと思います。
(50席前後ぐらいでしょうか?)
席は、ご高齢の方や着物でご来場の方のために、座椅子・座布団と、一部椅子席もする予定です。

【高座返し】
座布団とめくりの返しは、終わった人が次の人のめくりを出して退場するというパターンでよいと思います。
【出囃子】
出囃子の操作と、仲入りの時の「掛け声」の担当を事前に決めておく必要があります。
・・・こんなところかなぁ。

« 東京落語会 | トップページ | 東京落語会のあと・・ »

落語っ子連」カテゴリの記事