« どうやって社員が会社を変えたのか | トップページ | プログラムのイメージ »

2013年2月 1日 (金)

またまた富士山噴火のこと

memo今度は静岡県からの発表。
Fw:電子メールで送信: 7c32bd03.jpg
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130129-00000012-san-l22
静岡県は、富士山噴火の際の広域避難計画案を初めて作成し、県の防災・原子力学術会議の合同分科会に提示した。
県内だけでも富士山周辺5市町の56万7千人が避難対象者となり、噴火で生じる溶岩流や土石流の向きによっては、最大25万人以上の同時避難が必要になるという。

避難対象者が最多となるケースは、溶岩流が富士・富士宮市方面に向かった場合の約25万人と推定している。
Fw:電子メールで送信: 20130129_1me<br />
 n.jpg

おいおい・・・。
富士市に溶岩流が到達すると住民約13万1420人が避難する必要に迫られる・・・・?
地図が不鮮明ではありますが、実家は想定火口域からは外れているようです。
どうやら、「4次ゾーンB」というのが、地図の下部で、田子の浦の海岸からJR富士駅から富士宮市方向に向かっていて、母校(高校)はこのゾーンに入っているような感じです。

« どうやって社員が会社を変えたのか | トップページ | プログラムのイメージ »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事