« テレビの映像 | トップページ | 旧交・旧行・・・ »

2013年1月11日 (金)

鏡開き

japanesetea今日は「鏡開き」です。
きんがしんなんFw:みみ
鏡開きは今年1年の家庭円満を願いながら、神様に供えた鏡餅をお下がりとしていただくというものです。
我が職場では、例年通り、社内の数か所にお供えしていた鏡餅で、若手社員がお汁粉を作ってくれました。
大きな鍋で作るからこれがまた美味い!
家内安全だけではなく、業務の安全も祈りました。
勿論、商売繁盛も・・・。
鏡餅は、大小の丸い餅を重ねて出来ており、橙(だいだい)・譲葉(ゆずりは)・昆布・裏白の葉などで飾られます。古来から、お餅は歳神様のご神体であると考えられていました。
また、餅は「望月〔もちづき〕(=満月)」に通じ、その丸い形から家庭円満を象徴するとも考えられており、縁起物としてお正月に飾られるようになりました。
この鏡開きの日には、飾っておいて硬くなったお餅をかなづちなどで叩き「開き」ます。
鏡餅には歳神様が宿っているので、神様とも縁を切らないように「割る」や「砕く」とは言わず「開く」と、縁起のよい表現を使います。
また、鏡餅を食すことを「歯固め」といいます。
これは、固いものを食べて歯を丈夫にし、歳神様に長寿を願うことからと言われています。
裏白の葉というのは、シダの葉のこと。
表面は緑色ですが、裏面は白く、裏を返しても色が白いことから、心に裏が無いことや清廉潔白を意味します。
また、白髪になるまでの長寿を願う意味もあるそうです。
これから、どんどん焼き・どんと焼きなんていうのも行われますね。

« テレビの映像 | トップページ | 旧交・旧行・・・ »

季節・散歩」カテゴリの記事