« 昌福寺と法論石 | トップページ | 土曜日出勤 »

2013年1月 5日 (土)

記者が選ぶベスト3

memo産経新聞の落語担当記者の昨年の落語ベスト3。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130101-00000544-san-ent
その前に、こんなコメントがありました。
2012年も数多くの落語会が行われた。
毎日、毎晩、さまざまな場所で落語会が行われている。
最近では、落語会の数が多すぎるという声もよく聞く。
ある人は「自分の行かなかったところで、いい噺をやっているのではないかと、心配になる」と、話していた。
そこまで落語に真摯に向き合うのは大変だろう。
最近ではお客の入らない落語会も目につくようになった。
そもそも落語ブームはなかったという人も多い。
「落語ブームではなく、特定の落語家のブームだった」と。
その言葉は当を得ている。
落語会の主催者もここにきて、お客の少なさを気にしはじめているようだ。
2013年は落語会にとってもさらに厳しい年になるかもしれない。

「落語会」ではなく、「落語界」だと思いますが・・・。
ブームだの懸念だの、色々議論のあるところですが、そもそも愛好者人口が少なく、ほんの一握りの人たちが落語会を回遊しているという世界ですから、こんなものだと思います。
滅びては困りますが、勿論そうなるとは思ってもいませんが、いつものように、今までのように、淡々と徘徊して行くのが良いと、個人的には思っています。
 ■第1位 第13回(6/23)大手町落語会「ザ・柳家!」
          柳家権太楼「らくだ」
 ■第2位 八月雲助圓朝通夜-真景累ケ淵(8/2)」
         五街道雲助「豊志賀」
 ■第3位 プチ銀座落語会(7/14)
                 入船亭扇遊「片棒」

« 昌福寺と法論石 | トップページ | 土曜日出勤 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事