« 幽霊の辻 | トップページ | 一枚あばら »

2013年1月21日 (月)

北見翼さん

event和妻の若手「北見 翼」さん。とてもイケメンな芸人さんです。
http://ameblo.jp/tsubasa-magic/

和妻とは・・・
手妻(てづま)品玉(しなだま)と呼ばれる日本古来の手品。
明治以降は和妻(わづま)とも呼ばれるようになった。
その歴史は古く、6世紀・奈良時代に仏教と共に伝来した「散楽」に端を発し、曲芸や歌舞の要素がおり混ざったもので、能や狂言と同じだと言われている。
手品または手妻と呼ばれるのは江戸時代からで、手がしなやかで「てしな」、手を変え品を変えで「手品」、手は稲妻(いなづま)の如しということから「手妻」になったと思われる。
代表的なものは、湯飲み茶碗や扇子などから水が噴水のように噴出す「水芸」。紙で作った蝶々がまるで生きているかのように動き出す「胡蝶の舞」。舞台一面に傘が出てくる「傘出し」、両親指にきつく結んだこよりを切らずに日本刀やリングを通す「サムタイ」など、どこかで観た記憶が蘇るものばかりだ。
江戸時代には趣味人や知識人に愛された知的な座敷芸として栄えたが、外国のマジックに押され衰退。
一時期は伝統が途絶える危機にも瀕したという。

頼もしい後継者ですね。
写真は、その和妻で、北見翼さんが布の中から出して、客席に投げてくれたお菓子。
煙草ではありません。
こういうの、あまりそこいらのお菓子屋さんでは売っていませんね。
平成2年 栃木県足利市出生。
平成19年 北見マキ・マジックスタジオ入門。
平成21年 北見マキに師事。和妻を継承。寄席の前座として修行。
平成23年 二年間の前座修行の後、寄席デビュー。
現在は寄席の色物芸人として都内各寄席に出演中。

« 幽霊の辻 | トップページ | 一枚あばら »

噺家さん・芸人さん」カテゴリの記事