« 落語芸術協会新真打 | トップページ | 記者が選ぶベスト3 »

2013年1月 5日 (土)

昌福寺と法論石

shoe身延にお詣りする順番は決まっていて、まず青柳の昌福寺へお詣りをして、それから小室山で毒消しの護符を受け、法論石へお詣りをして、いったん鰍沢へ出て、ご本山へお詣りをするという順路。
青柳の昌福寺は、富士川町(旧増穂町青柳)にある名刹です。
石橋湛山元首相のお父上が住職だったこともあるそうです。

http://www.y-shinpou.co.jp/108/089jumyo.htm
そして、法論石というのは、小室山妙法寺に近い、懸腰寺に安置されている、文字通りの「石」です。
日蓮聖人と土地の法印との間で法論が起きた際、空中に石を留めたという故事に基づくものです。

落語「鰍沢」では、身延参りの定石どおり、昌福寺から法論石を参拝し、小室山で毒消しの護符を受けた後、雪の中を身延山に向かいますが、雪道に迷い,偶然,吉原の遊女だった月の輪のお熊の茅屋に宿を借りることになります。

http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2010/12/post-bed6.html
いつか「鰍沢」にチャレンジする時には、もう一度しっかりと下見をしに行こうと思います。
あの空気と空間を確認したいですから。

« 落語芸術協会新真打 | トップページ | 記者が選ぶベスト3 »

徒然」カテゴリの記事