« 私の「帯久」 | トップページ | 「一番丁はずみ亭」のこと »

2012年12月27日 (木)

盛者必衰

bell祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
   沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす
     驕れる者久しからず ただ春の夜の夢のごとし


政権政党だった某党では、地震を事前に察知して逃げる鼠のように散って行った議員、総選挙で玉砕した議員が佃煮にするほどいて、残った議員は全盛期の4分の1以下になるという、惨憺たる悲惨な状態です。
勝ち馬に乗る・・、人の世の中というのはこんなものです。
ひそかに、零細に、党代表の選挙が行われたようです。
3年前のあのお祭り騒ぎは何だったのでしょう。
         
ただ春の夜の夢のごとし・・・。
国民にとっては悪夢でした。自分たちの責任ですが。
ところで、某国営テレビ局のドラマ「平清盛」の視聴率が史上最低だったとか。
おごれるもの久しからず。

« 私の「帯久」 | トップページ | 「一番丁はずみ亭」のこと »

巷談」カテゴリの記事