« 冬の装い | トップページ | 紅白歌合戦 »

2012年12月31日 (月)

年越しそば

noodle1年の締めくくりに食べる年越しそば。
年越しそば
「人生はそばのように 細く長く生きるという意味で食べる」というのが通説です。
なぜそばでないとだめなので しょうか?調べてみましたよ。
年越しそばの風習が広まったのは、江戸時代中頃。
そばが切れやすいことから、1年の苦労を切り捨てようとして食べるだとか、そばは風雨でたれても日に当たるとすぐに立ち直る植物なのでそれにあやかってということから・・・?
一方で、関西ではそばではなく、 運を呼ぶ「うんどん(うどん)を食べて「太く長く」を願うところもあるといいますから、これも「土用の丑」や「バレンタインデー」と同じなのかもしれません。
それにしても、いくら商売とはいえ、こんなに忙しい時期にしなくてもと思うのは、ずぼらな人間の感覚でしょうか・・・。
そうそう、年を越す前に食べ終わらないといけないんだそうです。
食べ終わらなかったら・・・、「お菊の皿」のようになるのでしょうか?

« 冬の装い | トップページ | 紅白歌合戦 »

季節・散歩」カテゴリの記事