« 本番前日 | トップページ | 「一番丁はずみ亭」のご案内 »

2012年12月14日 (金)

極月14日

bell元禄15年極月14日のこと。
今日は、「提灯ブラ」ではなくて、「忠臣蔵」の日。
極月14日
元禄14年3月14日(1701年4月21日)、江戸城殿中松之大廊下で赤穂藩藩主・浅野長矩(内匠頭)が高家肝煎・吉良義央(上野介)に刃傷に及んだことに端を発する。
この一件で加害者とされた浅野は即日切腹となり、被害者とされた吉良はお咎めなしとなった。
その結果を不服とする赤穂藩国家老・大石良雄(内蔵助)をはじめとする赤穂浪士(赤穂藩の旧藩士)47名、いわゆる「赤穂四十七士」は、紆余曲折の末元禄15年12月14日(1703年1月30日)未明に本所・吉良邸への討ち入りに及び、見事その首級をあげる。

歴史の専門家は、「元禄赤穂事件」と呼んでいるそうです。
     極月14日
「仮名手本忠臣蔵」というのは、この「赤穂事件」を題材にした、建前は架空の物語ですよね。
浄瑠璃義太夫節、時代物、全11段。竹田出雲、三好松洛、並木千柳合作。
1748年(寛延1)8月、大坂・竹本座初演。
赤穂浪士の仇討に取材した古今の戯曲中の代表作で、通称「忠臣蔵」。
近松門左衛門の「碁盤太平記」をはじめとする多くの先行作に基づき、「太平記」の世界を借り、吉良上野介は高師直、浅野内匠頭は塩冶判官、大石内蔵助は大星由良之助などの役名で脚色している。
名題は、いろは仮名の数に合致する四十七士の意味、武士の手本となる忠臣を集めた蔵の意味のほか、大石内蔵助の蔵を利かせたもの。

???でも、よく考えてみると、吉良邸襲撃の日は旧暦12月14日と言われていますが、正確には翌日未明のことです。
だから、本当なら、新暦12月14日ではなく、1月31日未明ということで、忠臣蔵として賑やかになるべきなのではと・・・。
どちらでも良いですが。

« 本番前日 | トップページ | 「一番丁はずみ亭」のご案内 »

巷談」カテゴリの記事