« ご贔屓へ | トップページ | 立川談志師匠の1周忌 »

2012年11月21日 (水)

どじょうかりんとう

japanesetea国会(衆議院)が解散して、政権交代が語られる中で、お土産の「どじょうかりんとう」の売り上げが急増しているそうです。
   どじょうかりんとう
ある施設が閉鎖される、長く細々と続けられていたことが終わる直前に、今まで見向きもしなかった人たちがやって来るみたいなもの。
講談定席の「本牧亭」や、神田の老舗「万惣」がそうでした。
人の心の移ろい易さの象徴だと思います。
    どじょうかりんとう
そう言えば、現政権混迷の張本人で、月1500万円の子ども手当を貰っているアホ政治家が、党からは公認をもらえず、出馬を断念するという「ざまあみろニュース」もありました。
自分で引退を宣言していながら、臆面もなく覆して、そればかりか自分の残した負の遺産に苦労する、後の政権を批判して嘲笑されていた、あのバカ者です。
「トラスト ミー」ではなくて、「とうとうラストの身」ですね。
http://mainichi.jp/select/news/20121121k0000m010072000c.html
「これがいいのだ」ではなく、「これでいいのだ」ですか・・・。
それにしても、本当にバカが大勢いる“業界”ですね。
ところで、国会土産のこの手のシリーズ、「太郎ちゃんのねじれ餅」・「晋ちゃんまんじゅう」「鳩山民衆サブレー」なんていうのは、どうなったんでしょうねぇ。

« ご贔屓へ | トップページ | 立川談志師匠の1周忌 »

巷談」カテゴリの記事