« 「落語っ子連」の稽古場 | トップページ | 原子力の看板は? »

2012年10月16日 (火)

古今亭圓菊一門

chair先日、天寿を全うされた「古今亭圓菊」師匠。
Fw:Fw: 電子メールで送信: yose06.j<br />
 pg
もう随分(何年も)前になりますが、地下鉄半蔵門線の駅のホームで、お弟子さん?を連れた師匠を拝見したことがありました。
ニコニコして歩いておられた記憶があります。
でも、お弟子さんには大変厳しかったそうで、最近、菊之丞さんの「三味線栗毛」を聴きましたが、そのマクラでも、厳しかった師匠の横顔に触れていました。
ところで、圓菊師匠のお弟子さんは13人いるそうです。
そして、それぞれ多彩な人が活躍しています。
圓菊師匠の手話落語を継承する「菊千代」さんや、ベテラン「菊丸」さんやご長男の「菊生」さん。
それぞれ若手として大活躍中の「菊之丞」さんと「菊志ん」さん。
真打昇進披露興行真っ只中の末弟子の「文菊(菊六)」さん・・・。
落語協会の一門としては、柳家小三治一門、柳家さん喬一門、春風亭一朝一門、柳家権太楼一門、五街道雲助一門などと肩を並べています。
ここに三遊亭の名前がないのが残念ですが、やはり分裂騒動の影響もあるのでしょう。
ところで、「古今亭圓菊」は二代目だそうですが、初代はどんな人だったのでしょう・・・?

« 「落語っ子連」の稽古場 | トップページ | 原子力の看板は? »

噺家さん・芸人さん」カテゴリの記事