« 落語の上下(かみしも)① | トップページ | 秋深くなりにけり »

2012年10月17日 (水)

初代「圓菊」発見!

cancer先日疑問に思っていた初代「古今亭圓菊」とは・・?
判明いたしましたsign03
実は、「古今亭圓菊」ではなく「三遊亭圓菊」でした。
そして、その初代「圓菊」を名乗っていたのは・・・、なんと圓菊師匠の師匠の「古今亭志ん生」師匠だったのです。
分かっているだけで16回も改名をしたと言われる、五代目「古今亭志ん生」師匠が、二つ目の頃、3番目に名乗ったのが、「三遊亭圓菊」だったという訳です。
尤も、後の志ん生師匠が圓菊を名乗っていた期間は1年程度だったようですから、この名前は二代目が大きくしたということですね。
志ん生師匠は、天狗連の頃には「三遊亭勢朝」を名乗り、噺家になって前座では「三遊亭朝太」。
そして「三遊亭圓菊」ということになりました。
「朝」というのは、やはり「三遊亭圓朝」に繋がるんですね。

« 落語の上下(かみしも)① | トップページ | 秋深くなりにけり »

噺家さん・芸人さん」カテゴリの記事