« お礼お参り | トップページ | 台風に備えて »

2012年9月30日 (日)

第3回 紅巣亭発表会

japanesetea会場の「古石場文化センター」。

3階の舞台付きの和室で、なかなか良い雰囲気です。


開演のご挨拶で、長老の「紅巣亭節々」さんも仰っていましたが、多くの老若男女のメンバーがいるのが、この紅巣亭の特長だということでした。
確かに、音楽教室の中の講座ですから、小中学生のマメ噺家さんも出演するという、私の参加している連やOB開とは、少し雰囲気が違います。
お客さんも、お母さんに連れられた女の子だとか、何人かで友だちの出演を聴きに来たものと思われるグループなど、まるでピアノの発表会です。

節々さんのご挨拶の後、師匠もご挨拶をされました。
この発表会も、ひとつひとつのコメントはせず、袖で聴いていてくださるということです。

トップバッターは、先日の落語っ子連の稽古会の時に聴かせていただいた、熊本のお医者さん「心童」さんでした。
台風で、帰りの飛行機が欠航がきの決まっていて、今日はこれからどうしよう・・なんて言っていました。

老若男女の高座を聴かせていただき、台風も心配になるので、途中で失礼させていただきました。

他の連の発表会も、とても新鮮に感じました。

« お礼お参り | トップページ | 台風に備えて »

寄席・落語会」カテゴリの記事