« 手拭い | トップページ | 落語会の案内 »

2012年9月18日 (火)

つ離れ

scissorsrockpaper「つ離れ」という言葉を使って来ました。
ご存じの方も多いとは思いますが、どういう意味かと申しますと・・・。
寄席で、お客さまの入りを数えるときに使う言葉なんです。
「一つ、二つ、三つ……九つ」と、お客さまの入りを勘定して、「十」を越えれば「つ」がつかなくなりますから、これで「つ」離れするということになるのです。
要するに、お客様が10名以上入っている状態を言う訳です。

「OB落語会」では、会場が休日の大学キャンパスということもあって、お客さまが来てくださらないのではと、関係者一同大変心配をしたという訳です。
「何とかつ離れを・・・」と、祈るような気持ちでした。
開演直前は、まだ上のような状態でした。
ところが、蓋を開けてみると、100名ということでした。


お客さまには大変失礼ですが、百のことを一束(いっそく)と言いますから、「つ離れ」の心配から、"一足"飛びに、椅子を増やす心配になったということです。

« 手拭い | トップページ | 落語会の案内 »

徒然」カテゴリの記事