« オジイサンのいる風景 | トップページ | 落語への招待 »

2012年9月 3日 (月)

三遊亭圓窓一門会

birthday東池袋の「あうるすぽっと」での恒例の一門会です。 
会場には、落語っ子連・扇子っ子連などのメンバーも数多く来ているようです。
私も、いつも私の落語を聴きに来てくれる叔父夫婦を、普段のご贔屓のお礼も兼ねて、招待しました。
満員の会場で、落語を堪能してもらえたようです。
 ◆ 錦の袈裟       三遊亭萬窓
 ◆ 質屋蔵         三遊亭窓輝
 ◆ 唐茄子屋政談    三遊亭圓窓
 ◆ 紀州          三遊亭窓里
 ◆ 夏の医者       三遊亭吉窓
   Fw:nn
とても良い雰囲気の落語会です。
生意気な言い方ですが、師匠は別格として、お弟子さんみんな上手くなりましたねぇぇ。
4人のお弟子さんが、まるで兄弟のように、それぞれの位置で個性を発揮している感じです。
総領の吉窓さんは穏やかなお兄ちゃんで、個性のある兄弟を柔らかくまとめている。
次男坊で、川越市議会議員の窓里さんは、異色の存在で、芸風も他の人たちとは違います。
三男坊の萬窓さんは、親兄弟に見守られながら、思い切り自分の芸を作り上げている。
そして末っ子の窓輝さんは、坊ちゃん・若旦那風で、マイペースで味を出している。
派手ではありませんが、お世辞抜きにとっても良い一門です。

« オジイサンのいる風景 | トップページ | 落語への招待 »

寄席・落語会」カテゴリの記事