« 人形劇「牡丹燈籠」 | トップページ | 千早亭稽古会 »

2012年8月28日 (火)

テレビ「Mr.ブラウン」

tvテレビが地上デジタル放送に移行したのは昨年でしたが、我が家ではケーブルテレビ契約をしていましたので、居間のメインの受像機(テレビ)は、地デジ化時も買い換えることなく、そのまま使い続けていたという"アナログ一家"なんです。
    Fw:電子メールで送信: KW-32HDF9.jp<br />
 g 
「ソニートリニトロン」という"ブラウン管"テレビです。
黒くてもブラウン管なんて、洒落にもなりません。
でも、一世を風靡した「1ガン3ビーム」というやつですよ。
ブラウン管テレビで初めて、画面が平面の長方形になったというやつでした。
そしてこの【トリニトロンカラーテレビWEGA(ベガ)シリーズ】は、我が家のリビングに、何と14年間も鎮座しています。 
ここに引っ越してきた時に買ったものです。
確か、定価は30万円ぐらいしていた記憶があります。
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press_Archive/199705/97T-042/
子どもたちは小学生でした。
立派な「3D」姿をご覧あれ。 
しかし、さすがに寄る年波には勝てず、そろそろ"ご臨終"が近そうになって来ました。
当時は最新型だったのですが、次代の流れには・・。
これで、自分の落語のDVDも大きな画面で見られます。
bbbb
それにつけても、テレビは安くなったようです。
画面が大きくサイズアップして、ブルーレイレコーダーを合わせても、このブラウン管テレビの半額です。
技術革新というのか、デフレというのか・・・。
その影響で、日本が誇るメーカーの業績が悪化している様子。
あまりにも良いものを作りすぎるのが、日本の職人芸でもありますが、赤字で会社の存続が危うくなっては、元も子もありません。
いずれにしても、さようなら、「Mr.ブラウン」・・・。

« 人形劇「牡丹燈籠」 | トップページ | 千早亭稽古会 »

徒然」カテゴリの記事