« 師匠のコメント「ねずみ」 | トップページ | オール電化住宅 »

2012年8月27日 (月)

ファストフィッシュ

fishまた魚の話題です。
急速に進む日本人の魚離れを食い止めるため、イトーヨーカドーは、水産庁が選定する手軽で食べやすい魚商品「ファストフィッシュ」の販売を全国160店で開始した。
イオンも、骨を取り除いた「骨取りさんま」などファストフィッシュ商品を全国で販売する。
イトーヨーカドーの店頭に並んだのは、サケの切り身やむきえび、ホタテなど6品目(価格は298~398円)。
バジルオイルやレモンペッパーなどで既に味付けされており、フライパンなどに移し替える必要もなく、電子レンジで約1分半チンするだけで食べられる。
Fw:ll
岩手県久慈市漁協からサンマを使った新商品「骨取りさんま」。
パッケージには三陸鉄道のキャラクター、「田野畑ユウ」のイラストを載せて、三陸の復興と魚の消費拡大をPRしている。

三陸沖などで取れたサンマをさばいて骨を取り除き、一関市藤沢町産のニンニクなどで味を付けた。
味はスパイシー、バジル、シソの3種類があり、パックから出してフライパンで焼くだけですぐに食べられる。
・・魚離れを防ぐ方策なのでしょう。
確かに、魚には臭いや骨があり、魚の眼が苦手な人もいるそうです。
でも、魚の健康への効用は大きいようです。
若い頃は、肉・肉・肉・肉・・・でしたが、最近では、肉・魚・魚・肉・・・ぐらいになって来ました。
ただし、「食育」という観点からは、やや不安があります。
Fw:電子メールで送信: 3719022.jpgFw:hh
魚の食べ方で、その人が育った家庭の食のレベルが推し量れるものでもありますから。
秋刀魚は、骨なしの切り身で北太平洋を回遊している。
「蒲鉾」という"網採り魚"は、自分では泳げないもんだから、板につかまってぷかぷか泳いでいる・・・?
「権助魚」の権助のような子どもばかりになっては困ります。
「ファストフィッシュ」というのは、水産庁が名付けている「ブランド」?
私はてっきり、ファーストキッチンのフィッシュバーガーの略称だと思いました。

« 師匠のコメント「ねずみ」 | トップページ | オール電化住宅 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事