« OB落語会 | トップページ | 会いに行けるアイドル? »

2012年8月30日 (木)

日立寄席

karaoke以前から知っているんです。
Fw:kk
しかも、今の会社から歩いて3分ほどのところでやっている落語会。
産経新聞の記事がありました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120826-00000529-san-ent
「当時19歳で、初めて寄席に入った。客もあまりいなかった。
トリが(三遊亭)円生で『子別れ』を聞いて涙が出た。
こんないいものがあるんだと感激した。
東京にいないと見ることもできない」と、水野さんは会社を辞めることを思いとどまった。
それから毎週のように寄席通いが始まった。
たまたま人形町末広で三遊亭圓窓(当時は三遊亭吉生)と知り合った。若手落語家には高座が少ないことを嘆いた。
「会社のなかでもいいんですか」と水野さんが聞いた。
「30人集めてくれれば、あとはすべてやりますから」と。
・・・なんと、圓窓師匠の名前も出て来て驚きました。
28日の千早亭の稽古会の時、圓窓師匠にこの記事のことをお話ししたら、お名前などもよく覚えていらっしゃいました。
今は、「むかし家今松」師匠が出演されています。
それに今松師匠は松戸のご出身。
やはり、近いうちに行かないといけません。
毎月第3水曜日ということは、来月は・・19日です。
落語は、本当に様々な人たちの心とご縁で、地道に続けられているんですね。Fw:kk
Fw:kk

« OB落語会 | トップページ | 会いに行けるアイドル? »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事