« OB落語会の顔付け(案) | トップページ | 松戸花火大会 »

2012年8月 4日 (土)

佃祭

sweat01佃では、住吉大社の大祭が開かれています。
住吉神社例祭(<br />
 佃祭)八角神輿
佃煮のルーツで知られる東京都中央区佃は、隅田川の河口に位置し、いまだに江戸情緒を残すレトロな町として多くの観光客が訪れています。
そもそも佃は、天正18(1590年)徳川家康公が関東に下降の際、摂津国佃村から漁民33人呼び寄せ、鉄砲州向干潟を埋め立てさせ佃島と命名し住まわせたことに始まります。
bb
この佃を社地とする住吉神社は、正保3(1646年)6月29日、住吉大社の分神霊を奉遷祭祀し建立されました。
以来、住吉神社の例大祭(佃祭)は、江戸幕府に許可された由緒ある祭りとして今日に至っております。
揃衣の若衆が獅子頭の鼻先めがけ殺到する獅子頭宮出しや隅田川を渡御する船渡御祭、江戸三大囃子のひとつである佃ばやしにのって、高さ20メートルにも及ぶ6基の大幟のもと八角神輿が繰り出す風情は、文化的にも希有なものと言えましょう。
bb
私の持ちネタの「佃祭」の舞台です。
昨年は、震災の影響で中止されたはずですから、新しくされた八角神輿の待ちに待ったデビューのはずです。
bb
昨年は、高座で「佃祭」を演らせていただいたので、住吉さまへのお礼参りも兼ねて行きましたが、今年は余りの暑さに遠慮することにしました。

« OB落語会の顔付け(案) | トップページ | 松戸花火大会 »

季節・散歩」カテゴリの記事