« 七夕飾り | トップページ | エスカレータの不思議 »

2012年8月 9日 (木)

仙台市街

building仙台駅前のホテルに宿泊しました。
19階の部屋から東側を眺望することが出来ました。
この高さ、この角度から仙台の街を眺めるのは初めてでした。

上の写真は、北東方面を眺めたもの。
東北本線(新幹線)が、仙台駅を出た直後に北東方向に曲がって行くのが見えます。
「はやて」の美しいメタリックグリーンの車体が、さらに北に向かって行くのが見えます。
大学2年生までお世話になった下宿は、ちょうど右手奥の方向です。
北には、泉方面の稜線が見えますが、仙台に来た当初、故郷ならば、この稜線の上に富士山があったのに・・・、とホームシックになったのを思い出しました。

そして・・・・、真東方向を眺めたのが、下の写真です。
ちょうど、陸が終わり、海が始まるところ、海面が輝いて、かすかに船の影を見ることが出来ます。
仙台塩釜港から蒲生、荒浜あたりになるのでしょうか・・・。
思えばあの日、あの海が突然大きく盛り上がり、猛り狂いました。
若林区では、海岸から4キロメートル内陸まで津波が到達したそうですから・・・。
とはいえ、仙台の中心部では、あの忌まわしい大震災の爪痕を見ることは出来ませんでした。

« 七夕飾り | トップページ | エスカレータの不思議 »

徒然」カテゴリの記事