« 真夏の夜と朝 | トップページ | 特撰落語会 »

2012年8月 3日 (金)

桂春團治師匠

hospital上方落語の四天王のお一人「桂春團治」師匠が、自宅で転倒して顔面を負傷されたそうです。
座椅子に掛けようとした手を滑らせて転倒、顔面を強打して、両頬にあざができたそうです。幸い骨折などはしておらず、怪我自体は軽症で、高座に上がることも可能だそうですが、あざが完全に消えるまで療養するとのこと。
春團治師匠も82歳だそうですから、気をつけないと。
一日も早いご回復をと思います。

« 真夏の夜と朝 | トップページ | 特撰落語会 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事