« 日影を (*_*; | トップページ | さよならサニー »

2012年7月17日 (火)

そういえば「東劇」で

movie土曜日に「落語研究会 昭和の名人 四」を観に行った時のこと。
18時30分がこの日の最終上映なので、18時ちょっと過ぎに「東劇」に行き、入場料2,000円を払って入場。
(このシリーズでいつも思うのですが)内容の割に高いプログラム(500円)を買い、誰もいないロビーに座っていました。
すると、まだ最後の文枝師匠の「猿後家」が佳境だと思われる頃に、中から一人の老人が出てきました。
何気なくその人に目をやると、どこかで見たことのある感じ。
そのうちに会場の係の人が近づき、ちょっと立ち話をした後で、丁重にお見送りしていました。
shadow何と「山田洋次」監督でした。(恐らく・・。)
落語好きで知られ、この映画でも、舞台挨拶をされたりしたようですから、全く違和感はないのですが、びっくりしました。

« 日影を (*_*; | トップページ | さよならサニー »

徒然」カテゴリの記事