« OB落語会 | トップページ | 遠い「朝日名人会」 »

2012年7月30日 (月)

オリンピック

annoy私の数少ないご贔屓有力金メダル候補選手二人が、なんとメダルなしという残念な結果になり、早くも私のオリンピックは終盤という感じです。
柔道の福見・中村両選手です。
チャラチャラした選手が多い中で、愚直なまでにそれぞれのリベンジを期す姿に好感し、オジサン密かに応援していました。
それにしても、他国の選手を見ると、何かもっとしたたかだし、競技の中身が全然違う感じを持つのは私だけでしょうか?
以前から思っていることですが、もう日本生まれの柔の道の「柔道」ではなく、国際的な格闘技[JUDO」なんですね。
同じ階級でも、外国人選手の方が大きく見えたりして。
企業活動でも、メーカーは技術向上ばかりに腐心して、商売はマーケットを見ずに旧態依然としたやり方を踏襲していて、新興国などに負けていますが、全く同じ構図のような気がします。
技術や"べき論”を究めるばかりで、戦い方(実戦での勝ち方)の工夫が出来ていない。
相手は同じ環境や価値観、勝負勘ばかりではないのに・・・。
これも「ガラパゴス・ジャパン」ですか・・・?

« OB落語会 | トップページ | 遠い「朝日名人会」 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事