« OB落語会の案内 | トップページ | さようなら »

2012年7月 5日 (木)

富士山談義

fuji我が家では、家内も同郷ですから、二人とも富士山のイメージは強く持っているようなのですが、どうも頭の中に描く富士山の形は違っているようです。
私は、富士山の南西~南(静岡県側)から見て育ちました。
家内は、ほぼ真西から眺めて育ちました。
私は、周囲に邪魔な山はなく、山頂から裾野の広がりまでが見え、山頂は3等分されているイメージなんです。
    鰍沢
ところが家内は、甲斐の山々の向こうに頭ひとつ抜きん出た、山頂が平らなのが富士山なんだそうです。
    鰍沢
静岡県側からの富士山は、積雪がまだらなのと、宝永山が瘤のようになっていて、美しくないと主張します。
故郷の山というのは、やはりいつも自分が見ていた姿が一番なんですね。これはお互いに尊重しなければいけません。

« OB落語会の案内 | トップページ | さようなら »

家族・友人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213007/55105170

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山談義:

« OB落語会の案内 | トップページ | さようなら »