« 恐れ入谷の鬼子母神(真源寺) | トップページ | 落語DEデート »

2012年7月 7日 (土)

七夕の短冊の色

night七夕飾りの短冊。
 
実は青、赤、黄、白、黒の5色と決まっているそうです。
中国の「五行思想」からきているようで、それぞれの色に意味があるということなんです。
青……木
     樹木の成長・発育する様子。春の象徴
赤……火
         火の神・火のような灼熱の性質を表す。夏の象徴
黄……土
         発芽・万物を育成・保護する性質を表す。
         季節の変わり目の象徴
白……金(ごん)
         金属のように冷徹・堅固・確実な性質を表す。秋の象徴
黒……水
         命の水の意味から胎内と霊性を兼ね備える性質を表す。
         冬の象徴
「五行思想」というは、中国の哲学で、全てのものは木・火・土・金・水からできているという考え。
最近では、黒が「最高色」の紫に変わり、短冊の色は緑、白、赤、黄色、紫を飾るようになっているのだそうです。
また、人間の5つの徳「仁・礼・信・義・智」とも対応していると言われています。
緑(東)/木/仁 : 徳を積む・人間力を高める
赤(南)/火/礼 : 父母や祖先への感謝の気持ち
黄(中)/土/信 : 信頼、知人・友人を大切にする
白(西)/金/義 : 義務や決まりを守る
黒(北)/水/智 : 学業の向上
・・・ということで、それぞれの願いに対応する色の短冊に書くのが良いということ。

« 恐れ入谷の鬼子母神(真源寺) | トップページ | 落語DEデート »

徒然」カテゴリの記事