« 一之輔、高座に粗忽の釘を打つ | トップページ | 米朝アンドロイド? »

2012年7月26日 (木)

師匠から

mailto師匠からメールを頂戴しました。
師匠が「落語の授業」を行なっている都内の小学校で読み聞かせをしている方が、地元に我々のような「落語稽古連」を作ろうと頑張っているそうです。
学校のことゆえ、立上げまでにはいろいろと課題があるようなので、とりあえず地元に出来るまで、「落語っ子連」の体験連員として勉強したいということでした。
師匠には、「勿論大歓迎ですsign01」と回答しました。
何かお手伝いでも出来れば゜と思います。
千早亭のボランティア活動も、今回のお話も、落語の裾野が広がっていくことですから、大切にして行きたいと思います。

« 一之輔、高座に粗忽の釘を打つ | トップページ | 米朝アンドロイド? »

落語っ子連」カテゴリの記事