« 真っ赤な日本列島 | トップページ | 寄席かるた »

2012年7月27日 (金)

土用丑の日

sun「土用」というのは、五行に由来する暦の雑節。
1年のうち不連続な4つの期間で、四立(立夏・立秋・立冬・立春)のそれぞれ直前約18日間。俗には、夏の土用(立秋直前)を指すことが多い。
各土用の最初の日を土用の入りと呼ぶ。最後の日は節分。
そして、土用の丑の日は、土用の間のうち十二支が丑の日のこと。
昔から、夏の土用の丑の日には、鰻を食べるのが慣わしになっています。
ところが、今年は稚魚の不漁で仕入れ値が高騰したため、普段よりも3~4割高いところも多いようです。
Fw:電子メールで送信: image.jpgいずれにしても、鰻屋さんは今日が一年中で最も忙しいはずですが、「土用丑の日」の今日敢えて休業した店があるそうです。
ある老舗の鰻料理店では、激減する鰻の資源を守ろうと、かき入れ時となる土用の丑の日に、あえて営業を取りやめ、今後の豊漁を祈願して鰻を放流しました。
例年、土用の丑の日には通常の5倍程度の売り上げがあるそうですが、今年は鰻の稚魚の不漁から大幅な値上げを余儀なくされ、今後の見通しも不透明なことから、あえて店を休みにして豊漁を祈願することにしたということで・・・。
   Fw:電子メールで送信: a69d810b6c14<br />
 971a9f0e5aec420c9871.jpg
鰻というのは、まだその生態の全容が分からない、最近では中国などでの需要が増えて乱獲気味のようでもあり、鰻"もどき"を出すところもあるようです。
鰻が高いから、土用の丑の日に鰻は食べず、今度の土曜に牛を食べたら・・・。
落語でも、鰻の出て来る噺は数多くあります。

« 真っ赤な日本列島 | トップページ | 寄席かるた »

季節・散歩」カテゴリの記事