« 下町七夕まつり | トップページ | 車検 »

2012年7月 8日 (日)

落語っ子連の稽古会

cafe今日は賑やかな稽古会でした。

第8回目の稽古会の出席者は、まど音・まど深・仙三・越児・窓口・千公・百梅さんと流三の8名です。
今日から、開始時刻が12時となりました。
私がちょうどぴったりに行くと、既に「全員集合」で、千公さんの稽古が始まっていました。
  ◇ 小噺        三流亭千公
  ◇ 堪忍袋       三流亭越児
  ◇ 替わり目      三流亭百梅
  ◇ 町内の若い衆  三流亭仙三
  ◇ 片棒         三流亭窓口
私は午後1時過ぎに、愛車の車検のために途中で失礼させていただきました。
新潟から来られた越児さんが、「堪忍袋」の読み稽古をされましたが、手拭いは紺の切子模様のもので、私も色違いで持っています。

まど音さんと、これからの稽古場のことなど諸々の相談。
それから、まど深さんが、仕事の関係で暫く退会することになり、今日がとりあえず最終日ということになりました。
真面目で一途な姿勢や取組には、本当に頭が下がりました。
今、組織の中核を担う立場、マネジメントがミッションとなる年齢に差し掛かり、今までとは違って大変だと思いますが、持ち前のキャラクターで、頑張って欲しいものです。
そして、仕事は適当にやっつけて、すぐにでも戻って来て欲しいと思います。
まど深さん、約4年間、本当にありがとうございました。
稽古の途中で退出しましたので、しっかり挨拶とお礼が出来ませんでしたので、この場をお借りして。
「まど深さん、今まで本当にありがとうございました。一日も早くカムバックしてください。心待ちにしています。」

« 下町七夕まつり | トップページ | 車検 »

落語っ子連」カテゴリの記事