« 落語の稽古と芸談 | トップページ | 釣りしのぶ »

2012年7月25日 (水)

小説 古今亭志ん朝

penやはり本屋で見つけた「金原亭伯楽」師匠の著書。
親友、金原亭伯楽が書き下ろす志ん朝さんの知られざる恋と死。笑いと涙の純愛人情噺のオチは。
・・・というわけ。
Fw:nn

平成13年10月1日、古今亭志ん朝師匠が鬼籍に入られたことは、落語界にとって大損失でした…。
小説仕立てですから。
本阿弥書店刊。1,500円。

« 落語の稽古と芸談 | トップページ | 釣りしのぶ »

書籍・CD・DVD」カテゴリの記事