« 炎天下 | トップページ | 三遊亭竜楽の七か国語落語 »

2012年7月20日 (金)

そういえば「山田洋次」監督が

movie「山田洋次」監督が、「落語研究会 昭和の名人 四」の公開記念トークショーで、ご本人の監督50周年記念映画「東京家族」(来年1月公開)に出演の「林家正蔵」さんについて、「本読みをやったら相当ひどくて。でも、善人っぷりは良かった」とおっしゃったとか・・・。coldsweats01
正蔵さん、それでいいのだ。
ところで、山田監督原作の「真二つ」「頓馬の使者」「目玉」というのが、五代目柳家小さん師匠のために書き下ろした噺だそうです。
「真二つ」と「頓馬の使者」はリアルタイムで聴いたことがあります。
当代の小さん師匠も「真二つ」をお演りになっています。
「ご利益」「のびる」・・・なんていうのも、小さん師匠だけでなく、確か小三治師匠もお演りになったと思うのですが、これらも山田監督の作品ではなかったかと思うのですが・・・。
記憶は定かではありません。

« 炎天下 | トップページ | 三遊亭竜楽の七か国語落語 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事