« 「特保」のコーラ | トップページ | 可愛いお得意さん »

2012年7月 9日 (月)

紀伊國屋寄席

bottle恐らく圓窓師匠も満を持しての高座だったと思います。

  ◆ 手紙無筆     古今亭きょう介
  ◆ 転宅        柳家喬の字
  ◆ 麻のれん     春風亭一之輔
  ◆ 仔猫        林家正蔵
  ◆ 万両婿       柳家三三
  ◆ 一人酒盛     三遊亭圓窓

一之輔さんは、私は久しぶりでした。
真打昇進披露も一段落というところでしょうか?
噺の入りが分かりづらかった気がします。
療治の終わった按摩さんに話しかける旦那さん・・。
正蔵さんのは新作ですかね。
あまり気味の良い噺ではなく、オチも猫をかぶっていたという普通の・・・。
三三さん、早口ですね。
そんなに急いでどこへ行く?
「万両婿」って「小間物屋政談」の別名だったんですね。
これは、柳家と三遊亭の違いでしょうか?
例えば、「五貫裁き」は「一文惜しみ」などと同じでしょうか?
もっと重厚さが欲しい気がしますが・・・。
それとオチのところ。

圓窓師匠の前、今日は有望な噺家さんが並びましたが、何と言うのか、お世辞抜きに格の違いを痛感しました。
あの、思わず身体を乗り出してしまうマクラは、何なのでしょうか。
身体が震えるような感覚で聴き入りました。
師匠がお酒は全くお飲みにならないなんていうことを、客席のほとんどの方々は知らないでしょう。
信じられないでしょう。
情景描写、感情移入・・、これなんですね。
「一人酒盛」は、演劇で言えば"一人芝居"のようです。
これは、情景描写と感情移入が完璧でなければ・・・。
私が今、ちょっと壁にぶつかっていると感じるのは、まさにこのハードルだと思います。

« 「特保」のコーラ | トップページ | 可愛いお得意さん »

寄席・落語会」カテゴリの記事