« 稽古が終わって | トップページ | 稽古時間の変更 »

2012年6月27日 (水)

21世紀の落語入門

watch小谷野敦「21世紀の落語入門」(幻冬舎新書・819円)
21どんな方か存じ上げませんが、紹介文が凄い。
ファン歴三十数年の著者が、業界のしがらみゼロの客目線で楽しみ方を指南。
名人・立川談志亡き今、これから落語を聴こうとする者が、失敗せずに楽しむコツは?
ファン歴三十数年の著者が、業界のしがらみゼロの「客目線」で親しみ方を大胆指南。
「聴く前に、興津要編の作品集『古典落語』を読むと理解倍増」「寄席へ行くより名人のCD」「初心者は志ん朝から聴け」「志ん生は皆が褒めるが江戸弁がキツくて分かりづらい」……定説に時に突っ込みながら、うまい噺家、聴き方のツボ、演目の背景・歴史を一挙紹介。
落語ツウも開眼多数の新感覚の入門書。
個人的には、こういう類のものは、それぞれの人の感覚ですから、敢えて読むこともないなと思います。
「初心者は志ん朝から聴け」「志ん生は皆が褒めるが江戸弁がキツくて分かりづらい」……?
私は志ん朝贔屓でも、志ん生フリークでもありませんから、どうということもありませんが、余計なお世話ですよね。
「寄席へ行くより名人のCD」・・?
落語は生き物です。
どんな名人よりも、ライブで聴いてこそだと思います。
珍しいですね。
紹介文を読んで、買いたくなくなりました。

« 稽古が終わって | トップページ | 稽古時間の変更 »

書籍・CD・DVD」カテゴリの記事