« 目薬 | トップページ | 「Ⅰn」さん »

2012年6月 2日 (土)

「あおば亭」直前になって

「お江戸あおば亭」が、いよいよ来週の土曜日となりました。
いつもなら、そろそろ「歩き稽古」などを始めているのですが・・、風邪が長引いて・・・。
さて、開演日も直前となり、"大変なこと"?に気がつきました。
「お江戸あおば亭」の香盤は、噺や出演者のバランスを考えて作っているつもりでしたが、大変情けないことに、トリ前の私の「救いの腕」の一部と、トリの寝蔵師匠の「天狗裁き」の内容と"つく"ことに気がついたのです・・。トホホ・・・。
会場で、こちらから申し上げなければ、お客さまには、違和感やらその他マイナスの要因になることは少ないと思いますが・・・。
寝蔵師匠、申し訳ございません。
古典落語なら、周囲の方々もご存知ですから、お気づきになると思いますが、「救いの腕」は、初めてお聴きいただく方がほとんどだと思いますので・・・。
「あぁぁ、”ついた”と言っていたのはここか。」ぐらいに、お聴き流しいただくことにしましょう。実は、昨年も、志ん志師匠の「百川」と私の「佃祭」が"お祭り"でついてしまい、大いに反省したのでありますが・・・。
あまり詳しく説明すると、噺の内容が分かってしまって、面白さが半減してしまいますので、これぐらいにしておきますが・・。
いずれにしてもあと1週間です。

« 目薬 | トップページ | 「Ⅰn」さん »

落研」カテゴリの記事