« fuyukai…不愉快…? | トップページ | OB会報「あおば亭」 »

2012年6月15日 (金)

喰亭寝蔵「天狗裁き」

待ってましたのトリは、「落研御三家・名人・喰亭寝蔵」師匠。
圓窓師匠に上げて貰い、自信の高座です。
名人と同じ高座に出られる幸せは、何にも代えがたいものです。
「お江戸あおば亭」を始めて、番外を入れると今回で5回。
志ん志師匠と寝蔵師匠と私の3人は「皆勤」です。
何よりも好きな落語が演りたい。
「あおば亭」をずっとずっと続けて行きたい。
だれが何と言おうと、3人の気持ちが揺らぐことはないと思います。
大変僭越ですが、達人・志ん志、名人・寝蔵を目標にして、一歩でも近づけるようになりたいというのが、もしかすると、私をさらに奮い立たせるパワーの源になっているのかもしれません。
「トリの人上手いね」「寝蔵さんいいね」・・・。
当たり前です。
Fw:写真
私のミスで、後半に「救いの腕」と「天狗裁き」を続ける番組にしてしまいました。
「天狗裁き」のオチにも拘わる重要なファクターである「夢」を、最後に「夢」から覚めるシーンのある「救いの腕」が、ついてしまいました。
本当に申し訳なく思います。
にも拘わらず、多くの方から「天狗裁きっていうのは面白いね」なんて、噺の評価さえも上げてしまう技の物凄さ・・・。
大盛会の落語会のトリの出囃子は、勿論「中の舞」でした。

« fuyukai…不愉快…? | トップページ | OB会報「あおば亭」 »

落研」カテゴリの記事