« 湯呑 | トップページ | 師匠の高座本 »

2012年6月11日 (月)

開口一番「子ほめ」

「開口一番」を辞書で調べると・・・、
「口を開いて最初に言う言葉。話を始めるやいなや。口を開いたとたんに。」とあります。
 これが落語の世界になると・・・、
「落語会などで、その一番最初に演じる者。 多く の場合前座が務めるが、前座がいない会もあり、二ツ目や真打の場合もある。」ということになります。
「お江戸あおば亭」の2日前に、蕪生師匠のご都合が悪くなり、急遽休演されることになってしまいました。
寄席や落語会ではよくある話です。
とはいえ、我々のような層の薄い素人落語では、「落研四天王」のお一人が抜けるというのは、実に大変なことでした。
単純に、一人繰り上げて順繰りにという訳にも行きません。
そこで、寄席の雰囲気をお届けするという観点からというこじつけで、演題や出演者を出さない「開口一番」を思いつき、時間もないので、私がやらせてもらうべく、先輩方に諮りました。
幸い、皆さんのご承諾が得られたのですが、さて、開口一番で何を演ろうかと、ハタと悩みました。
Fw:写真
私の持ちネタは、人情噺が多くて、前座噺があまりありません。
しかも、翌々日の高座で演るのに間に合いそうなネタは・・・・?
「花色木綿」「千早振る」「子ほめ」なら、一晩で何とかなりそうだ。
前座噺ではないが、「三方一両損」「花筏」でも・・・?
「子ほめ」にしたのは、師匠との出会いで演った噺だったからです。
図らずも、大先輩の「愉し家団巣」師匠、「有賀亭〆太」師匠、「翁家寝坊」師匠から、「圓窓師匠に初めて聴いてもらった噺だね」と、言っていただきました。
・・・という訳で、前編を少しカットして、ほとんどぶっつけ本番で演ってみました。
稽古をして浚ってみようにも、咳き込んでしまって、本チャンの「救いの腕」も手付かずでしたから。
「開口一番」のめくりはありませんので、「第四回 お江戸あおば亭」のままでの高座です。
何とか終えて高座を降りましたが、良かったのか悪かったのか・・・。
後は、「落研御三家」と「恋し家古狂」師匠におまかせです。

« 湯呑 | トップページ | 師匠の高座本 »

落研」カテゴリの記事