« 立夏 | トップページ | 亀戸天神「藤祭り」 »

2012年5月 5日 (土)

痛ましい・・・

shadowいたたまれない話というのがあるものです。
昭和50年の元旦、中学校の同級生から年賀状が届きました。
高校3年生の私は大学受験の直前でした。

物凄く悲しい年賀状でした。
というのは、この時、彼は天国に行ってしまっていたからです。
・・・忘れもしません。
暮れも押し迫った29日、彼の悲報(訃報)に接しました。
商売をしているお兄さんの仕事を手伝っていた彼は、商用車を運転していて、大型ダンプカーと正面衝突して・・・。
まだ免許を取ったばかりの18歳でした。
工業高校に学んだ彼は、春に就職が決まっていて、「就職も決まり、新たな気持ちで頑張ります」なんて、書いてありました・・・。
三が日が過ぎた1月4日が、彼の葬儀でした・・・。

先日、関越自動車道で、悲惨なバス事故が発生しました。
企画した旅行会社もバスの運行会社も、実に杜撰な運営をしていたようです。
バス会社は、コンプライアンス上も重大な違反が多くあるようです。
ところで、「楽天トラベル」から、このパスを予約して(乗って)いた人に、「ご旅行はいかがでしたか?」というアンケートメールが届いていたという話を聞きました。
旅行サイト経由で予約して旅行などをすると、帰った直後に必ずこの類のメールが届きます。
自動的に送信される仕組みになっているのでしょう。
が、こんなに酷いメールはないと思います。
仏像作って魂入れずの典型で、実に心のこもっていない、デリカシーのない"サービス?"です。
形だけのCSは、かえって逆効果になるものです。
このニュースを聞いて、若くして突然のアクシデントで亡くなった同級生のことを思い出しました。
どんなに無念だったことか・・・。

« 立夏 | トップページ | 亀戸天神「藤祭り」 »

巷談」カテゴリの記事