« 最後に一発「山号寺号」 | トップページ | 三越のライオン »

2012年5月24日 (木)

「つつじ」と「さつき」

eyeglass「サツキ」は、「ツツジ」の1種だそうです(サツキツツジ)。
Fw:写真五月晴れ
普通のツツジが、春(4月中旬~5月上旬頃)に開花するのに対して、サツキの花は、初夏(5月中旬~6月中旬頃)に開花します。
また、他のツツジの花は、新葉が出る前に花が先に咲きますが、サツキの花は、先に新葉が出てきてから、花が咲きます。
葉や芽に生えた細かい毛の色でも両者は区別する事ができます。
基本的に、サツキの細毛は茶色ですが、ツツジの細毛は緑色です。
サツキは常緑低木で、樹高も1m程度の樹が多いのですが、ツツジには、落葉樹も常緑樹(半落葉種を含む)もあり、樹高が、5~10mにも生長する種類もあって、一般に、サツキよりも大きく育つ場合が多いようです。
サツキはツツジの1種なので、両者間で人工交配などが行われ、中間的な性質を持った交配品種が、既に多く作られているそうです。
そうなると、サツキかツツジか区別がつかなくなってしまいます。
「サツジ」だとか「ツツキ」って言うのかもしれません。
ところで、ツツジというのは「躑躅」と書きます。
「憂鬱」とか「朦朧」とか「薔薇」だとかと並んで、難しい漢字です。
「躑躅」って「蝋燭」という字と似ていますね。ろうそく・・・。

« 最後に一発「山号寺号」 | トップページ | 三越のライオン »

徒然」カテゴリの記事