« 私の履歴書 | トップページ | ギターと落語の二人会 »

2012年5月 1日 (火)

つまさき坂

musicNSPの「八十八夜」を改めて聴いていて、突然何の脈絡もなく聴きたくなったのが、永井龍雲の「つまさき坂」。
http://www.youtube.com/watch?v=6fRtHDlSjt4&feature=related
ある人に薦められて、カセットテープを買った中に入っていた曲です。
永井龍雲という人のことは全く知りませんでしたが、高音の悲しげな声に魅かれました。
あと「桜桃忌」というのと、「道標ない旅」なんていう歌が印象に残っています。
ついでに、さらに思い出して、森山良子の「掌(てのひら)」を。
http://www.youtube.com/watch?v=L1vY_se9Rqg
そうしたら、作詞作曲したさだまさしと、息子の森山直太朗のバージョンもありました。
http://www.youtube.com/watch?v=zv6w5hZnr7c&feature=related
でも、やはりやはり、母ちゃんのがいいですよ。
昭和ですよ。30年ぐらい前の話。
何か不思議な、八十八夜の夜・・・。
落語とは全く関係のないこと。

« 私の履歴書 | トップページ | ギターと落語の二人会 »

徒然」カテゴリの記事