« ML(メーリングリスト) | トップページ | 朝日名人会の楽屋 »

2012年3月17日 (土)

朝日名人会

pouch当選した年間通し券で聴く、1年最後の公演です。
         ◆ 真田小僧        入船亭辰じん
    ◆ 粗忽の釘        春風亭一之輔
    ◆ 幇間腹         古今亭菊之丞
    ◆ 雁風呂         三遊亭圓窓
    ◆ 三方一両損      三遊亭王楽
    ◆ メルシーひな祭り   立川志の輔
いやぁ、とても良い番組です。
         
期待の若手が3人と超人気者と重鎮圓窓師匠というのは、なかなかない組み合わせだと思います。
辰じんさん、なかなか上手いと思います。
一之輔さんは、斬新なくすぐりを入れて、新進気鋭らしく受けていましたが、以前から思っているのですが、仕草や言葉や間がやや雑な気がするのです。
菊之丞さんの「幇間腹」は何度か聴いていますが、やはり安心して聴くことが出来ます。
圓窓師匠は、先月体調を崩されて以来初のメジャーな落語会でしたが、お元気な様子で安心しました。
仲入り後の王楽さん、私の持ちネタでもある「三方一両損」でしたが、登場人物のキャラの立て方が中途半端だった気がします。
トリの志の輔さんは久しぶりでした。
自作自演の噺で、会場は爆笑でしたが、私は、やや冗長な噺だと思いました。
隣の席のオッサンは、よく笑っていました。
笑うだけなら良いのですが、笑った後で「可笑しい」という言葉を連発して、うるさくてしょうがない。
右前のデブのオッサンの大きな鼾も迷惑でした。

« ML(メーリングリスト) | トップページ | 朝日名人会の楽屋 »

寄席・落語会」カテゴリの記事