« 本当の「揺れるとき」 | トップページ | OB落語会(仙台)の予定 »

2012年3月22日 (木)

歩き稽古

cherryblossom今日もまた肌寒い朝です。
   歩き稽古
上野公園入口の交番のところの早咲きの桜にポツポツと花が開いて来た感じがします。
あと3日・・・。
「からんころ~ん」の台詞ばかりやっている訳にはいかないので・・・。
不思議なもので、どんな噺をやっていても、どうしても覚えづらい、詰まらない、自信のない部分というのがあるものです。
例えば「ねずみ」では、地元の二人がねずみ屋のネズミを見に来るシーン。
「浜野矩随」では、矩随の独白シーン。
「佃祭」では、お悔やみに行く場面。
「薮入り」では、熊さんが掃除をする場面・・・。
今回は、全編がそうなのですが、一番のミソになる、西生の独白の部分が特に弱い・・・。
あと3日・・・。
心だけが焦る感じ・・・。

« 本当の「揺れるとき」 | トップページ | OB落語会(仙台)の予定 »

千早亭」カテゴリの記事