« 「薮入り」師匠のコメント | トップページ | 「浜野矩随」への質問⑩ »

2012年3月 8日 (木)

三流亭窓口「明烏」

sun今回の発表会の主役の一人の窓口さん「明烏」。Fw:写真
今回は、「三流亭窓口定年記念落語会」ですから、いよいよお目当ての登場です。
満員の会場の、少なくとも半分近くは、窓口さんのお客さまです。
奥さまはじめ、職場の皆さま、随分偉い方もお見えだと、ご本人が緊張していました。
お祝いの花も届いて、花束を持った人も客席にいて・・、とても華やいだ雰囲気です。
窓口さんとのご縁は、落語好きの窓口さんが、私のこのブログを読んでくださり、師匠の落語会にご夫妻で来てくださったことからです。
それから、落語っ子連に参加していただき、お互いに刺激しあって来ました。
今回の発表会が実現できたのも、心強い「同志」とも言うべき人がいてくれたからです。
始めよければ、終わりよければ、というように、人というのは、入口と出口が大切だと思います。
就職が入口だとすれば、定年は出口とも言えるでしょう。
私は、落語でご縁があったのだから、ささやかながら落語でお祝いをさせていただこうという訳で、大変失礼ながら「定年記念落語会」なんていう言い方をさせていただきました。
さて、1年間、師匠のご指導のもと練りに練った「明烏」は、お世辞抜きにお見事でした。
よく受けていたし、とても落ち着いた素晴らしい高座でした。
師匠もきっと褒めてくださることでしょう。

« 「薮入り」師匠のコメント | トップページ | 「浜野矩随」への質問⑩ »

落語っ子連」カテゴリの記事