« 揺れるとき | トップページ | ゆるキャラ「はなしか」 »

2012年3月28日 (水)

千早亭ワッフルさん

appleこの方がいなければ「扇子っ子連・千早亭」は成り立たないという存在の「千早亭ワッフル」さん。
    
前回の千早亭落語会では、師匠が創作された「ういろう売り」を見事にお演りになり、小田原の師匠の会で前座をおつとめになりました。
今回は「厩火事」。
女性ならではの、穏やかな流れの語りは、男性では表現出来ないでしょう。
師匠に、ご主人(お亡くなりになっているそうです)との夫婦喧嘩の思い出を聞かれて、ちょっと涙ぐんでいました。
ごはんを食べていて、「おいしいの?」って聞いても黙っている。
「おいしくないの?」って聞いても返事がない。
「どっちなの?」って訊くと、「美味けりゃ言うよ!」だって・・・。
あれっ?同じような場面が、私の「救いの腕」にありますよ。
とっても仲の良いご夫婦だったんですね。
ワッフルさん、いつもお世話になります。
この場をお借りして、感謝、感謝。
(あ、これから後の出演者の写真は、私が出囃子の係だったため、演者の右側からのものになります。)

« 揺れるとき | トップページ | ゆるキャラ「はなしか」 »

千早亭」カテゴリの記事