« 「浜野矩随」への質問⑦ | トップページ | 師匠の言葉 »

2012年3月 5日 (月)

啓蟄(けいちつ)

snail二十四節気の一つで、冬ごもりをしていた虫が気候が暖かくなって外に出てくる時期という「啓蟄」。
このころ初雷(はつかみなり)が鳴り、これを聞いて虫が土中からはい出すと考えたので、これを「虫出しの雷」ということもある。
「余寒いまだ尽きず」といった天候の季節にあたり、年によっては南国でも一時、雪になったりする。
しかし春の彼岸も近いので、日の長くなり方も急であり、すでに光の春の季節は始まっているとみることができる。
今年は寒いですが、もう春なんですね。

« 「浜野矩随」への質問⑦ | トップページ | 師匠の言葉 »

季節・散歩」カテゴリの記事