« 古今亭菊六さん | トップページ | 「浜野矩随」への質問⑦ »

2012年3月 5日 (月)

今回の主役

slate第10回落語っ子連発表会ではあるのですが、私は開演の挨拶で、副題(サブテーマ)を付けて、客席の皆さまに説明しました。

「三流亭窓口定年記念落語会」です。
恐らく、満員の客席の半分近くは、窓口さんのお客さまだったと思います。
それというのも、35年以上に渡って精励されたお仕事、この3月末で定年退職されるということで、それこそ記念の発表会のタイミングになったという訳です。
勤務先やご自宅からは必ずしも近い訳ではありませんが、こんなに多くの方がご来場くださるのは、やはり窓口さんの素晴らしいお人柄だと思います。
Fw:写真

ということで、プログラムにも、窓口さんの前回の高座の写真を入れて、ささやかな演出をさせていただきました。
今回の主役は、間違いなく窓口さんであり、そして長講「火事息子」にチャレンジして立派に仕上げたまど絵さんのお二人でした。
こんな温かい雰囲気の落語会で、バイプレーヤーを勤めさせていただいて、私にとっても、とても有意義で、思い出深い楽しい発表会になりました。
窓口さん、長い間のお勤め、本当にお疲れさまでした。
会場には、奥様もいらっしゃっていました。

« 古今亭菊六さん | トップページ | 「浜野矩随」への質問⑦ »

落語っ子連」カテゴリの記事