« 歩き稽古 | トップページ | 師匠のブログ »

2012年3月19日 (月)

紀伊國屋寄席

sandclockやはり「満員御礼」でした。
            
大相撲のガラガラの満員御礼とは違って、全席売切れ・満席です。
終演が遅くなるのを覚悟して行きました。
  ◆ 寄合酒       春風亭朝呂久
  ◆ 真田小僧     古今亭志ん吉
  ◆ 辰巳の辻占    柳亭燕路
  ◆ 愛宕山       古今亭志ん輔
  ◆ 小言幸兵衛    柳家小三治
懐かしかったのは、久しぶりに古今亭志ん吉さんの噺が聴けたことです。
前座時代は「志ん坊」という名前でしたが、とても好きでした。
二つ目になって、なかなか聴く機会がありませんでしたから。
今日の「真田小僧」も、丹念に出来ていたと思います。
小三治師匠のファンの方には申し訳ありませんが、面白いのは間違いありませんが、リズムや流れはスムーズではないので、かなりダレる感じがします。
志ん輔師匠の「愛宕山」は、オリジナルな演出でした。
志ん朝師匠のとは違う味わいでした。

« 歩き稽古 | トップページ | 師匠のブログ »

寄席・落語会」カテゴリの記事