« 立春 | トップページ | 笑児さんと »

2012年2月 4日 (土)

That's a Plenty

weepまだ四半分も読み進みませんが、ひたすら悲しい。
そこに噺家立川談志はなく、家族に見守られて闘病している松岡克由という一人の老人がいるだけ。
なるべく、顔を思い出さないようにしながらも、なかなか読み進むことが出来ないでいる自分がいます。
病気だとか、老いだとか、介護というのは、こういうものなのかと、思い知らされながら、果たして最後まで読み終えることが出来るか自信のない今・・。
That' a plenty. (=もう十分。もうたくさん。) ・・・?

« 立春 | トップページ | 笑児さんと »

噺家さん・芸人さん」カテゴリの記事