« チャンチキおけさ | トップページ | 紀伊國屋寄席 »

2012年2月19日 (日)

六代目三升家小勝

sweat02「水道のゴム屋」というのは、六代目三升家小勝師匠の自作自演の噺です。
Yamano_410810242223歳の時に八代目桂文楽に入門する前には、東京市水道局に勤めていて、金町浄水場で技師をやっていたそうです。
その経験を生かして作った落語が「水道のゴム屋」で、小勝師匠の代表作です。
私はリアルタイムでは知らない師匠ですから、「小勝=水道のゴム屋」というイメージですが、むしろ若い頃の「桂右女助」の方が有名だし、現に売れていたそうです。
小勝を襲名してからは病気がちになり、往年の輝きはなくなったとか。
本人は、桂文楽を承継するのを夢見ていましたが、師匠の八代目より先に病に倒れてしまって、夢は叶わなかったとか。

« チャンチキおけさ | トップページ | 紀伊國屋寄席 »

噺家さん・芸人さん」カテゴリの記事