« 昭和元禄落語心中 | トップページ | 誕生日には・・ »

2012年1月10日 (火)

とんだ厄難

door関東では有名な厄除けのお寺で、観音像が盗まれたそうです。
ご本尊ではありませんが、1メートルもあると言いますから、よくもまあ・・という感じです。
この◎◎厄除大師さんは、とんだ厄難でしたが、「これで衆生の厄難を祓えるのか?」なんていうのは、「○○天神の宮司の倅が大学受験浪人した」という噂と同じ、野暮なブラックユーモアでしょうか?
それにしても罰当たりな輩がいたものです。
こうなると、大師様と泥棒との知恵比べですね。
知恵と悪知恵の弘法(攻防)という訳で・・。

« 昭和元禄落語心中 | トップページ | 誕生日には・・ »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事