« 嬉しいプレゼント | トップページ | 寿獅子 »

2012年1月17日 (火)

両泥

eye「東京落語会」で、三笑亭可龍さんが演った「両泥」。
恥ずかしながら、初めて聴きました。
何でも、古い速記本から見つけて演ったということです。
ちょっと調べると、確かに落語芸術協会の若手の噺家さんが時々演っているようでした。
泥棒の噺は、「碁泥」「穴泥」「夏泥」「もぐら泥」だけでなく、「花色木綿」「鈴が森」「だくだく」「締め込み」等々・・・。
でも、「両泥」は知りませんでした。
やり方の問題かもしれませんが、途中でオチが想像出来てまうこともあって、大ておもろい噺でもないな、という感想を持ちました。

« 嬉しいプレゼント | トップページ | 寿獅子 »

落語・噺・ネタ」カテゴリの記事