« 般若心経 | トップページ | 幕末太陽傳 »

2012年1月 7日 (土)

七草

bud「せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ」。
200pxnanakusa_gayu_on_nanakusa_no_s(せり)~川辺・湿地に生える      
(なずな)~ペンペン草               
御形(ごぎょう)~母子草                   
繁縷(はこべら)~小さい白いはこべ 
仏の座~田平子(たびらこ)
(すずな)~蕪(かぶ)               
蘿蔔(すずしろ)~大根
七草は、人日の節句(1月7日)の朝に、7種の野菜が入った粥を食べる風習のこと。
本来は「七草」と書いた場合は秋の七草を指し、小正月1月15日のものも「七種」と書いて「ななくさ」と読むが、一般には7日正月のものが七草と書かれる。
現代では本来的意味がわからなくなり、風習だけが形式として残ったことから、人日の風習と小正月の風習が混ざり、1月7日に「七草粥」が食べられるようになったと考えられる。

七草粥は、邪気を払い万病を除く占いとして食べる。
呪術的な意味ばかりでなく、御節料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もある。
Photo_2
七種は、前日の夜にまな板に乗せて囃し歌を歌いながら包丁で叩き、当日の朝に粥に入れる。
囃し歌は鳥追い歌に由来するものであり、これは七種がゆの行事と、豊作を祈る行事が結び付いたものと考えられているようです。
「七草粥」の囃子というのは、「七草なずな、唐土の鳥が日本の土地に渡らぬ先に、トントンぱたりトンぱたり、イテテッテッテッテ‥‥」と歌われているそうです。
「大陸から渡ってくる鳥の翼にはいろいろな害虫や病気があるので、日本に渡って来る前に七草粥を食べて厄を落とし、元気で1年間を過ごそう」 というのが、この囃子の由来だという説もあるとのこと。
三遊亭金馬師匠は、ほとんど聴くことのない「七草」という噺で、「七草囃子」を面白おかしく演じています。
・・・どんなストーリーだったかと言いますと・・。
七越という花魁は美人で芸達者だが、料理をつまみ食いをするというのが悪い癖。
ご内所からお座敷では絶対につまみ食いをしないように言い含められて、最初は言いつけを守っていたものの、ついに我慢できなくなって、骨の硬いホウボウという魚をつまみ食いして、その骨が喉に突き刺さってしまいます。
客が、痛がっている七越の背中を箸で叩きながら、「トントンパタリ、トンパタリ」とやると、七越が、「イテテッテッテッテ」・・。

« 般若心経 | トップページ | 幕末太陽傳 »

落語・噺・ネタ」カテゴリの記事